世田谷区経堂ヘッドスパサロンyawaragi 誕生までの軌跡6

ヘッドスパ専門店yawaragiは健康と美容を創りだす
yawaragiのヘッドスパの特徴は、マッサージと香りによるアプローチで身体も心も癒します。


外との気温差は2〜3度



寒さを癒したくれたのは君だけだよ(涙)
前回からの続きです、ここからなかなか出来ない体験がスタートします。季節は少し早めの冬になっていました、寒さは暖房を使わなければ外との気温差2〜3度、ですから外の気温が1度だと2〜3度となります、帰宅すると温度計は毎日こんな感じだったのです。さらに、お風呂ありません トイレありません 流しありません 洗濯機ありません 唯一の救いはエアコンがあった事!お風呂は、コインシャワー又は銭湯、トイレは2Fのカフェのトイレを使わせていただいていましたが、営業中は出来るだけ控えていたので、出来るだけ我慢、公園、図書館、スーパー、カフェなどを利用させていただき、そのおかげで無料で使用できるトイレの場所はすべて頭に入っています。【笑】あと流しは顔洗う事と、歯磨き位でしたのでミネラルWを使用していました、贅沢ですよね【笑】その他料理はとくにする事がなかったのでその他とくに使う事ないのですが、休みに出かけるときは図書館を使ったりしてました。(世田谷区ごめんなさい)洗濯は、コインランドリー われながら凄いけど情けない(涙)この頃常に頭においていた言葉があります買いません、欲しがりません、無駄をしません達成までは!

そんな思いと現実はいろいろ想像以上の事が起こります。そして何よりも最大のポイントは、レンタルギャラリーが開催されているとき、裏に人が住んでいることを悟られてはいけないと言う事だったのです、物音を立てないで一日部屋にいるとノイローゼになるので休みは出来るだけ、朝早く出掛け、夜遅く帰宅する、仕事が早く終わっても出来るだけ遅く帰るなどの工夫がちょっと大変でした。(なんか家にいたくないお父さんみたいですよね)時には、遅くまでギャラリーに人がいたりすると、見られないように部屋に入り、毛布に包まり、電気も最低限の15Wの電球一つ物音立てないように過ごした事が今では懐かしい思い出として思い出されます。




そんな生活も、1年近く続きましたが、住めば都とはよく言ったもので、なれてしまうと意外と、いろいろな事を工夫して住み心地は意外と向上していました。そのおかげで資金を蓄える事が出来たのです。こんな生活でしたので、自分がここに住んでいた事は今の今まで公表してませんでした。
一年がたち、まあ円満退職その後2日地元に帰り両親に報告、祖父祖母のお墓にも報告してとんぼ返り、癒し処yawaragi の工事が始まりました。少し事情があり、内装工事は25日間、マスターと二人三脚が始まります、最初に取り掛かっ
たのは奥の部屋からでした、ここは基礎工事が必要で基礎工事は僕には出来ないのでその間僕はアシスタントです。奥の部屋は約7間で完成、その間僕は、珪藻土を壁天井と塗っていたのですが、天井の足場を組むのは夜しか出来ず一週間位睡眠時間3時間位で、日によっては夏ということもあり、現場座って寝ていたときもあり不思議と蚊に刺されていなかったところを見るとつかれ切った血液は美味しくないようです。



ところが、またも問題が発生します、それは保健所の登録をしなければいけないと言う事なのですが、本来ヘッドスパは保健所申請は必要ないのですが、以前のお店のお客様に来ていただく為には保健所登録を行わないといけなかったのです、本来保健所への申請は工事が始まる前に図面を持参して申請書を出すそうなのですが、僕はお店が出来てあと1週間でオープンすると言った状態だったのです。知りあいの方が作ってくれているお店ですから、当然図面も無く夜な夜な自分で書いて、平米数を計算したりと徹夜で完成させたことを思い出します。結局保健所の計らいもありオープン2日前に最終検査を無事クリアーする事が出来たのです。

つづく 次回は最終回です。

前回の答えは10万本が正解でした。





0

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    週間空き状況


    週間空き情報

    LINEやわらぎ倶楽部

    友だち追加

    カレンダー

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    カテゴリー

    アーカイブ

    ブログ内検索

    その他

    モバイル

    qrcode